ブルーピリオドのアニメ制作会社はどこ?

アニメ

 

現在も月間アフタヌーン(講談社)で人気を博している「ブルーピリオド」ですが、2021年10月よりテレビアニメ放送が決定しています!

コミックの累計発行部数も300万部を超えている原作がということもあり、放送開始前ですがジワジワと注目が集まっている作品になります。となると、気になるのはどこの会社がアニメを制作するか?ですよね!

この記事では、ブルーピリオドの制作会社や作品の基本情報について紹介します。

 

↓この記事と合わせて読みたい記事はコチラ↓

 

ブルー ピリオドのアニメ制作会社はどこ?:制作会社は「Seven Arcs」

ブルーピリオドのアニメーションを担当する制作会社は、「Seven Arcs(セブン・アークス)」です。本社は東京・練馬区にあります。

こちらは、スタジオぴえろなどで演出をしていた上村修氏が2002年に設立した会社です。アニメ制作会社としては、歴史の含めると中堅ぐらいの位置付けです。主に女性を中心とした原作のアニメ化に携わっていますが、「魔法少女リリカルなのは」シリーズを担当しているアニメ制作会社といえばわかりやすいと思います!

Seven Arcsは2018年からTBSグループの一員になりましたので、グループ内で色々な連携ができる強みができました。これにより、アニメという日本の文化を発信しやすい環境を最大限に生かし、アニメや関連する質の高いコンテンツを世に送り出しています。

 

 

ブルー ピリオドのアニメ制作会社はどこ?:「Seven Arcs」の制作内容は?

ブルーピリオドの原作ファンの方は、「原作の世界観通りにアニメ化してくれるの?」と思っているかもしれませんね。

そんな不安がある方のために、この項目ではSeven Arcs作品の評判を紹介します。

アニメ内の作画が崩壊?

魔法少女リリカルなのはなどの一部のファンからは作画が崩壊しているのでは?という声があります。私も実際に確認してみましたが、崩壊と言えるほどの内容ではなかったと感じました。あえて名前は出しませんが、ひどい制作会社のアニメは本当にひどいので…

ただ、Seven Arcsの場合は担当するアニメも多いので、もしかしたら過去の作品は人手不足な状態で制作された可能性があります。しかし、最近の作品を見る限りはしっかりと時間をかけ、質の高い制作をしようとしているように思えますので、期待してもいいのではないでしょうか。

TVアニメ『ブルーピリオド』公式サイトで作画を確認

最近は作画の質も非常に高くなってきていますが、ブルーピリオドは美術系のアニメです。そのため、作画にもかなり力を入れているように感じます。実際確認してみましょう!

どうでしょうか?私は原作を知っていますが、少なくも原作以上の作画になっているように感じます。また第1弾のPVを見る限り、作画や声優などにも違和感が感じられず、作品の世界観がしっかりと表現されているように見えました。

このような内容で、丁寧にキャラクターの表情や演出効果で細かな心の機微を表現してくれるのであれば感情移入もしやすいと思います。おそらく、原作ファンだけでなくアニメから見始めたファンからも高い評価を得られるのではないでしょうか!

 

↓この記事と合わせて読みたい記事はコチラ↓

原作の作画を事前に確認!美人なキャラクターが描くSNSが美しい!!詳しくは→鮎川龍二のインスタが短期間でフォロワー5万人越え!

 

ブルー ピリオドのアニメ制作会社はどこ?:「Seven Arcs」の作品は?

こちらでは、Seven Arcsの代表作を2つ紹介します。

魔法少女リリカルなのは

自称平凡な小学3年生である、高町なのはが不思議なフェレットを助けるところから物語が始まります。そして、異世界からやってきた少年が発掘した「ジュエルシード」を集め、封印する手伝いをきっかけに、自分のために魔法の世界に関わっていく決意を固め、その秘めた力を開花させていく、というストーリーです。

この原作アニメは次のようにシリーズ化されており、非常に人気のある作品でもあります。また、その人気から劇場版アニメやゲーム、漫画、ドラマCD、小説、パチンコ、パチスロも作られています!

【魔法少女リリカルなのはシリーズ】

  • 魔法少女リリカルなのはA’s
  • 魔法少女リリカルなのはStrikerS
  • 魔法戦記リリカルなのはForce
  • 魔法少女リリカルなのはViVid
  • 魔法少女リリカルなのはINNOCENT
  • 魔法少女リリカルなのは サウンドステージ

 

トリニティセブン

17歳の少年・春日アラタがあるきっかけを境に、異世界に消えていった同居人である少女・春日聖を魔導士になり、救い出す決意をします。そして、アラタは魔王候補として魔道学園に入学し、そこで秘奥義の習得者である計7人の美少女魔道士「トリニティセブン」と知り合い、魔導士たちのラブコメやシリアスな物語になっていくのでした。

こちらも人気が高いアニメ作品で、劇場版アニメ、漫画、小説、ドラマCD、DVD、BD、モバイルゲーム等が世に発信されています!

 

ブルー ピリオドのアニメ制作会社はどこ?:まとめ

過去のSeven Arcs作品には気になる内容もあったかもしれませんが、TBSグループになった年代あたりからは、非常に質の高い作画や内容で映像化できている制作会社です。

ブルーピリオドは日本最高峰の東京藝術大学合格を目指す「アート系スポ根物語」ですので、原作者の山口つばさ氏もアニメ化してその世界観が表現されるかは気になっていることでしょう。こういう点からも妥協を許さない、質の高い作画が作れる制作会社を選んでいると思います。

今のSeven Arcsなら作品の世界観はそのままに、アニメーションならではの魅力をプラスしてくれるはずのですので、2021年10月から放送を楽しみに待ちましょう!

 

↓この記事と合わせて読みたい記事はコチラ↓

タイトルとURLをコピーしました